2006年11月23日

本屋さんのカバーデザイン

前回の「さくら」に続き、design@46maの敬愛する原研哉のデザインであゆみbooksという本屋さんがブックカバーなどのパッケージデザインをリニュアルしました。書店のカバーというのは、まさに「顔」であり、一度作るとそうそう作り替えることはありません。そんな書店のカバーをあっさり取り替えたあゆみbooksはなかなかチャレンジャーな会社だと思いましたが、このデザインは微妙か…いや、イラストは永井一正氏ですし、おなじみのパターンなのですが(汗)原氏はテクスチャーに弱いのでしょうか、おそらくデザインと紙質との相性に問題があるのだと思います、あくまでも素人ehon@46maの私見です。右上のロゴはなかなか素敵です。ayumi.JPG
posted by 46ma at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。