2006年10月22日

Esquire

バックナンバーになりますが、今年のEsquire日本版の7月号でdesign@46maの大学研究室時代からの友人、坂本正十賜氏の写真が表紙を飾っていました。
esquire.JPG
このあとの号でも、いくつか彼の撮った写真が載っています。
彼の作品はとても匿名性が強くて、一見見ると「誰が撮っても同じ」ように見えるのですが、彼の作品群を見ると、実はどれも「彼しか撮れない」ものばかりなのだということに気がつきます。1枚、2枚ぐらいではわかりにくい。…やはり私ehon@46maのようなシロウトでもわかるようなのは、彼の写真集。最近はなかなか個展をしてくれないので、写真集でしか彼の作品を一気に見られないのが残念です。どこかの雑誌で彼の作品をまとめて特集してほしいです。独特の穏やかさときめの細かさ、品の良さを持っていて、これに華やかさと押しの強さがあれば確実に売れていたかも…まあ、彼のスタイルとは間逆ですからしょうがないですが(笑)でも決して暗い作品ではなく、見る人をすうっとさせるようなキレがあります。ご覧になったことのない方は、ぜひ一度。都内の青山ブックセンターや川崎のチネチッタの一角にある本屋さんで扱っています。
floating.JPG
posted by 46ma at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

JTの「さくら」

design@46ma.comが敬愛する原研哉がデザインしたというたばこ。今のこの時代になんともチャレンジャーな売り出し方、あまりに珍しいので、たばこを吸わないのに思わず買ってしまいました。付属のアンケートに答えるともれなく皮製の携帯灰皿が送られたり500円分の図書券がくるといったオマケまでついています。現物、POP、広告と比較していくと、やはりポスターの出来が一番良かった(後ろに薄い桜色をひいているし)。パッケージは紙質がやや趣薄いですが、原氏らしいと思いました。さくらの文字部分は型押しが入っています。
しかしなんといってもパッケージの3分の1(いや見た目はそれ以上)を占める「喫煙は、あなたにとって脳卒中の危険性を高めます。云々…」裏をひっくりかえすと「人により程度は異なりますが、ニコチンにより喫煙への依存が生じます」。デザインするほうは大変だったろうなと。まあ、「さくら」なんで、よく考えると刹那な雰囲気はたっぷり出ています(笑)ちなみに今は神奈川限定らしいです。たばこ屋のおばちゃんが「外国向けも意識して(輸出用に)発売するらしい」と言っていましたが本当でしょうか。
jt.jpg
posted by 46ma at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。